高血圧症を放置すると動脈硬化になる可能性がある

血圧は、わかりやすく言うと血液が血管の中を通るときに、血管にかかる圧力のことです。
通常、心臓はポンプのような役割によって、毎分60~70回ほど血液を血管へと送り出しています。
脈拍を計測するときに手首などをさわると、脈を打っているのがわかります。
心臓が血液を押し出す時には収縮するため、血管にいちばん強く圧力がかかります。
このときの圧力のことを収縮期血圧と呼び、血圧測定の時には最高血圧として記録します。
そして、収縮した後に心臓が拡張するときには、血管への圧力がいちばん低くなります。
このときの圧力は拡張期血圧と呼び、血圧測定の時には最低血圧として記録します。
最高血圧と最低血圧は、どちらの値が高くても高血圧ということになります。
この高血圧の状態が続くようになると、高血圧症とも呼ばれることがあります。
血管を水道のホースに例えると、ホースに水を流すときに水を多くすれば、ホースは太く張りつめた状態になります。
この状態は、高い水圧がホースの内部にかかっている状態になります。
もしもホースの途中を指で押さえて通りにくくした場合、水流が少量でもその部分までのホースは張りつめた状態になります。
このように、血圧の場合も心臓が送り出す血液の量とそれを流す血管の通りやすさで、高血圧症になることがあります。
高血圧症の原因のひとつとして血管に血液が通りにくくなる状態を放置すると、その部分の血管が硬化してくる場合があります。
それが動脈硬化と呼ばれる症状で、命にかかわる病気へのリスクが高くなることでも知られています。
動脈硬化が進むと、のちに狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患になるリスクがあります。
また、動脈硬化によって心臓だけでなく脳卒中などの発作を起こすリスクもあるため、早めの発見と治療が大切です。