合併症が怖い高血圧、放っておくと腎硬化症の発症に

高血圧では症状が長期間続いてしまうと動脈硬化になり、さまざまな合併症を引き起こす可能性が高まります。高血圧から誘発される合併症で、内臓に関わる症状に腎硬化症があります。
動脈硬化が進んで腎臓の血管が狭くなり、血液の流れが滞るようになると、腎臓は徐々に硬くなってきます。これが腎硬化症で、硬くなった腎臓はやがて処理能力が低下してくるので、腎不全となり体に不調が出てきます。腎硬化症は症状の進行が緩やかな良性と、急激に症状が進行してしまう悪性に分類されます。
良性腎不全では、軽度の場合はほとんど自覚症状はないのですが、高血圧の症状であるめまいや肩こり、頭痛、動悸などがあり、医療機関による診断では眼底検査に異常があったり、蛋白尿が出ることがあります。悪性腎不全は、体にむくみが生じて貧血や息切れ、食欲不振などの尿毒症の症状も出てきます。良性腎不全は40代以上の年代に多く見られるのですが、悪性は40代から30代の発生が多く進行が早いため、病気に気付いた時にはすぐに治療を受けるようにします。
高血圧を原因とした合併症では、新たに併発した病気によってさらに血圧が高くなってしまうこともあり、悪循環に陥ってしまいます。腎硬化症を防ぐには血圧を抑えることが先決になり、食事内容の見直し、生活習慣の改善などをして血圧を調節していきます。すでに病気が進行していた場合は、さらに内服薬や注射による降圧薬などの治療が必要になり、悪性腎不全で症状が悪化している場合は透析による治療を行います。高血圧や合併症である腎硬化症は初期の段階では強い症状が出ないため、定期的に健康診断などでチェックを行い、病気が発生しても早い段階で対処できるようにしておきましょう。